株式会社キャピタルゲート 取引利用規約
平成 31 年4月 19 日

第 1 条(適用範囲)
1 本規約は、株式会社キャピタルゲート(以下「営業者」といいます。)が行う本営業に関して、 お客様における申込みに関する取り決めを記載するものです。 お客様は本規約に従って営業者との間で暗号通貨貸付契約(以下「本貸付契約」といいます。) を締結いたします。
2 お客様は、本申込みに関し、本規約のほか、営業者が定める規則に従うものとします。
3 お客様の申込みに基づき営業者とお客様の間で成立する暗号通貨貸付契約は、別紙 1「株式会社キャピタルゲート暗号通貨レンディング規定」に従うものとします。

第 2 条(定義)
1 本規約において下記用語は下記に定める意味を有するものとします。
(1) 「本営業」とは、営業者が行おうとするお客様からの暗号通貨の貸付けに関する事業を いいます。
(2) 「本貸付契約」とは、本営業に関して営業者が申込者と締結する一又は複数の本貸付 契約をいいます。
(3) 「本借入人」とは、営業者であり本貸付契約の借入人をいいます。
(4) 「取引アカウント」とは、本規約に定める申込のために、お客様が株式会社キャピタルゲートに開設したアカウントをいいます。
(5) 「営業日」とは、銀行法(昭和 56 年法律第 59 号)に従い、日本において銀行の休 日として定められた日以外の日をいいます。
(6) 「申し込み暗号通貨」とは、お客様が本営業のために貸付した暗号通貨をいいます。
(7)「本ホームページ」とは、営業者がインターネット上において開設するページをいいます。
(8)「登録会員」とは、本ホームページ上において、氏名、住所、電話番号、電子メールア ドレスその他の営業者所定の事項を入力し、「マイページ」ページその他の専用ページにロ グインするためのユーザーID 及びパスワード(以下「マイページユーザーアカウント等」 といいます。)を付与された者をいいます。
(9)「マイページ」とは、マイページ登録会員のために開設される、本ホームページ内にお ける当該マイページ登録会員専用のページをいいます。
(10)「マイページログイン」とは、本ホームページ上において、マイページユーザーアカウント等を入力し、「マイページ」ページその他当該マイページ登録会員専用のページを閲覧することができる状態にすることをいいます。
2 本規約において一定の日に言及している場合において、当該日が営業日でない場合には、翌営業日を当該日とします。

第 3 条(取引アカウントの開設)
1 お客様は、本規約に定める申込のため、営業者に取引アカウントを開設するものとします。取引アカウントの開設にあたり、お客様は、マイページにログインした上で、所定のページ上で営業者の定める事項を入力し、かつ、営業者が要求するその他の書類を営業者に差し入れるものとします。営業者は所定の審査を行い、お客様の取引アカウントの開設の申込を承諾する場合には、営業者はお客様に対して、取引アカウントの開設を実行するものとし ます。 営業者はお客様に対し取引アカウントを開設する義務又は取引アカウントの開設を承諾しなかった場合にその理由を説明する義務を負うものでもありません。なお、お客様は、取引アカウントの開設に当たり、営業者との間で締結することとなる暗号 通貨貸付契約につき、本ホームページ上よりダウンロードする形式において電磁的に提供 を受けることについて承諾するものとします。
2 お客様が前項により営業者に届け出た事項を変更したときは、直ちに営業者が定める方 法によりその旨の届出を行うものとします。
3 お客様は、取引アカウントの開設にあたり、行政手続における特定の個人を識別するため の番号の利用等に関する法律(以下「番号法」といいます。)その他の関係法令等の定めに 従って、共通番号(番号法第2条第5項に規定する個人番号又は同条第15項に規定する法 人番号。以下同じ。)の通知を受けたときその他番号法その他の関係法令等が定める場合に、お客様の共通番号を当社にお届出いただくものとします。その際、番号法その他の関係法令の規定に従い本人確認を行わせていただきます。

第 4 条(リスクの開示)
お客様は、取引アカウントの開設にあたり、本規約を熟読し、その内容を理解するものとします。

第 5 条(暗号通貨の貸付)
1 お客様は、次条による本営業に関する申込みを行う前に、本営業に対してお客様が貸付しようとする暗号通貨及びこれに対応する金利に対して確認し、貸付する暗号通貨全額を送金用営業者指定アドレスに送信して貸付するものとします。 お客様は、営業者による同量の暗号通貨の受信確認後にのみ、申込みを完了することができるものとします。暗号通貨の貸付に必要な送信フィーはお客様の負担とします。
2 お客様が第1項に基づき貸付した暗号通貨に対してお客様が申し込まれた内容に基づき 利息が付加されます。
3 お客様は、営業者がお客様から第1項に基づき貸付を受けた暗号通貨を、他のお客様の貸 付した暗号通貨と一括して、営業者の保有するコールドウォレットで管理をすることに同意します。

第 6 条(レンディング申込み及び成立)
1 営業者は、お客様から貸付契約の申込みがなされた場合には、あらかじめ営業者が定める内規に従い審査を行い申し込みを受け付けます。
2 レンディング申し込みが成立した場合、営業者は、お客様が営業者の指定ウォレットに送信した全ての暗号通貨を営業者保有のコールドウォレットにて管理します。
3 前項にかかわらず、理由の有無を問わず、営業者が本貸付契約に基づく貸付けを受けることが適当ではないと判断する場合、本営業の継続が不可能又は著しく困難となったと判断する場合には、営業者は、貸付契約を解除することができ、この場合、営業者は、お客様より受領した暗号通貨全額を、お客様指定のウォレットアドレスに送信する方法により、お客 様に返金するものとします。

第 7 条(出金)
営業者は、本貸付契約による取引の規約に沿ってレンディング終了後の出金暗号通貨数をお客様のマイページ上に表示させることにより、お客様に通知するものとします。お客様は、出金指定ウォレットアドレスをお客様のマイページの所定欄に入力し、営業者に通知するものとします。営業者は、お客様の出金依頼を受付後、72時間内にお客様が指定したウォレットアドレスに暗号通貨を送信するものとします。ただし、当該送信に係る手数料は、お客様の負担とします。

第 8 条(表明及び保証)
お客様は、当社に対し、取引アカウントの開設及び貸付契約の申込みの時点において下記の各号に掲げる事項が真実かつ正確であることを表明し保証します。
(1) お客様による本貸付契約の締結、本規約に規定する各義務の履行及び本貸付契約において企図される取引の実行は、その権利能力及び行為能力の範囲内の行為であること。お客様が法人である場合には、お客様は、日本法に基づき適法に設立され、有効に存続する法人であり、自己の財産を所有し、かつ、本貸付契約を締結し、本規約上の義務を履行するために必要な完全な権利能力及び権利を有していること。また、お客様による本貸付 契約の締結、本規約に規定する各義務の履行及び本貸付契約において企図される取引の実行は、本レンディングサービスの事業の目的の範囲内の行為であり、お客様は、かかる本貸付契約の締結及び履行並びに当該取引の実行につき、関連法令上及び営業者の内部規程 において必要とされる一切の手続を履践していること。
(2) 本貸付契約は、その締結により、お客様の適法で有効かつ拘束力を有する義務を構成 し、その条項に従い執行可能なものであること。
(3) お客様による本貸付契約の締結、本規約に規定する各義務の履行及び本貸付契約により企図される取引の実行は、政府機関その他の第三者の許認可、承諾、同意若しくはかかる政府機関その他の第三者に対する通知を必要とするものではなく、かつ、いかなる法令、規則、通達、命令、判決、決定、令状、お客様の定款その他の内部規程、お客様自身が当事者となっている契約又はお客様若しくはお客様の財産に影響を与える第三者との間に おける契約又は合意に違反し、又は、抵触するものではないこと。
(4) お客様の経済状況又はお客様による本貸付契約の締結、同規約に規定する各義務の履行若しくは同規約により企図される取引の実行に対し、悪影響を及ぼすようないかなる訴訟、仲裁、調停又は行政手続も係属していないこと。
(5) お客様は支払不能ではなく、かつお客様について破産手続開始、民事再生手続開始そ の他お客様に対し適用ある倒産手続開始の申立は行われておらず、かかる申立の原因は存在しないこと。
(6) お客様が本規約の規定に従い、当社に提出した情報は、真実、正確かつ完全であること。
(7) お客様が行う本貸付契約の申込みその他の行為は、当該行為に伴うリスクの調査及び 評価をなした後の完全な自己の判断に基づくものであること。
(8) お客様が営業者に貸付した暗号通貨は、自己が所有するも のであり、かつ組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(平成 11 年法 律第 136 号。以後の改正も含む。)第2条4項に規定する「犯罪収益等」でないこと
(9) お客様は、反社会的活動を行う団体もしくはこれらと関連のある団体その他の反社会的勢力に所属している者でないこと。またはそれらに所属していた経歴を有していないこと。

第 9 条(保証)
お客様は、自らの判断と責任において本貸付契約に基づく貸付を行うものであるが、当社、営業者は、本営業の結果について保証する。

第 10 条(通知)
1 本規約に基づく通知はすべて電子メールの方法によるものとする。なお、変更事項が生 じた場合は、本条に基づく相手方への電子メールによる通知により、住所等の変更を行うこととします。
2 お客様が当社に届け出た本規約に基づく諸通知が、メールアドレスの変更やその他の 場合においても、通常到達すべき時に到達したものとします。

第 11 条(譲渡制限)
お客様は、当社の事前の承諾無く、その他本規約に基づく権利又は義務を譲渡し、その他の処分をすることができないものとします。

第 12 条(修正・変更)
本規約は、法令の変更、監督官庁の指示その他必要が生じた場合には変更されることがあります。本規約が改訂された場合、当社は遅滞なく本ホームページ上に掲載するものとし、同掲載後にお客様が本貸付契約の申込みを行った場合には、その改訂に同意したものとします。

第 13 条(免責事項)
当社は、次の各号から生じる事由からお客様に直接又は間接的に生じる一切の損失、損害、費用について免責されるものとします。
(1) お客様のアカウント、パスワードその他のセキュリティ事項の悪用
(2) 原因の如何にかかわらず、お客様、営業者又は第三者が使用する通信システム、インターネット又はコンピューターシステム(本システムを含む)の故障、誤作動又は悪用
(3) 本貸付契約申込に関する虚偽の事実の告知、又は虚偽の文書の行使

第 14 条(準拠法)
本規約は、日本法を準拠法とし、日本法に従い解釈されるものとします。

第 15 条(管轄)
両当事者は、本規約に関連する紛争につき、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁 判所とすることに同意するものとします。